引導?印籠?

平日の午後2:25からテレビ北海道で

長七郎江戸日記の再放送やってるんだけど、



そのラストの決めゼリフに

「俺の名前は〇〇代わり、迷わず地獄へ堕ちるがいい!」

というのがあるんだよね。



でも何回聞いても〇〇の部分がハッキリ聞き取れなくて

ず~っと気になってたんだけど、

wikiで検索してみたらその疑問が先日ついに解決したわけ。



なんと!〇〇は「引導」と言っているとの事。つまり、



「俺の名前は引導代わり、迷わず地獄へ堕ちるがいい!」

というセリフらしい。



とある掲示板では「印籠」と「引導」でプチ揉めしていたが、

悪を裁くという意味では「引導」の方がしっくりくるだろうという見解。



また、「引導代わり」を「引導蟻(あり)」と聞き違いしていた猛者もいて、

昆虫の化身か何かだと思っていたとの書き込みもあった。



百歩譲って昆虫の化身だったとして、

なぜ虫が人間界のいざこざに首を突っ込む必要があるのだろうか。

突っ込むのは巣穴だけにして欲しいものである。



少数派としては「陰嚢(いんのう)」という説もあり、

二刀流で見事な殺陣を演じる里見浩太朗を、

「陰嚢代わりのサトミの二刀流」と揶揄(やゆ)する高度な下ネタも見られた。

まさに「長七郎エロ日記」である。



次の放送が今から楽しみです。

022.png




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント